高校生

やってはいけないキャッシング

キャッシングは今ではいろんなサービスが増えて、ネットや携帯電話や無人ATMなど人に知られることなく借り入れもできます。
また初めての借り入れなら無利息で借りることができるなどのサービスもあります。
なのでつい借り過ぎてしまう人がとても増えてきます。

あくまでキャッシングは、現金を融資してくれるところです。
現金が手元に入るので、自分金と勘違いして使いすぎてしまう人がいます。
しかしあくまでも借りたお金であり、借金をしているということを忘れてはいけません。

キャッシングが癖になってしまうと多重債務を駆け込んでしまい、年収以上の債務を抱えてしまう人もいます。
すると自己破産の手続きをしなくてはいけない人もいます。
自己破産後は、その経緯が金融機関の情報に載ってしまうので生活に支障を受けてしまいます。

車や家などのローンで購入するものは審査が通らなくなったり、クレジットカードも申し込みができません。
一定期間ではありますが、過去にそのようなことをしてしまった経歴があるため信用してもらうことが難しいです。
そこでキャッシングでやってはいけないことを知っておくとそういったリスクを背負うことなく利用できます。

まず第一に多重債務をしないことです。
何度かキャッシングをすると、同じところではキャッシングできないかもと思い違う会社でキャッシングする人もいます。
すると返済期間や利息が異なるので、返済計画が立てにくくなります。

知らないうちに遅延してしまうトラブルや多重債務を抱えるきっかけになります。
返済計画をしっかり立てて、返済可能な額だけを借り入れするようにしましょう。
返済期間中にはキャッシングをしないというルールなどを決めるのも有効的です。

もう一つは、返済期限を守るということです。
返済期間が少し遅れたり守れなくても、すぐにでもお金を返したらいいと思っている人が多いです。
しかし遅延は借り入れに関して、信頼関係にかかわるものです。

お金に関してルーズな人だと思われても仕方がない行為です。
もし遅延が頻繁に行われると、今度のキャッシングができなくなってしまう場合があります。
キャッシング以外でも車や家などの高額なものを購入してローン組む人も多いでしょう。
そういったときの審査で必ずひっかかり、住宅ローンの融資を受けられない会社が出てきてしまいます。
今後の生活に大きな支障をもたらしてしまうので、遅延はしないように返済方法をしっかり立てましょう。

Copyright(C) 2013 生活をサポートするシステム All Rights Reserved.